カフェ/飲食店での導入事例

いろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲⾷店でも仕事や作業をする時代へ。
デザイン性の⾼いテレワークブースを設置することでお店の雰囲気を壊さずに設置可能。

建物名
カフェ/飲食店でのテレワークブース活用方法
  • 空間のエリア分け
  • 空きスペースの有効活用
  • 新たな店舗認知経路の確保

カフェ/飲食店でのテレワークブース需要

感染症の拡大によりリモートワークが推奨され、会社に出社しない勤務スタイルもすっかり定着しました。
在宅に限らずいろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲食店もその選択肢の1つとされています。
静かな雰囲気で仕事に集中したい人にとっては、飲食を楽しめる店舗にテレワークブースがあれば、活用の利便性はとても大きいものになります。

カフェ/飲食店での活用方法

  1. 空間のエリア分け

    カフェには様々な目的を持ったお客様が訪れますが、コロナ禍における生活様式の変化から、利用目的はさらに多様化しました。そのうちの一つが、テレワークでの利用です。
    カフェはドリンクや軽食が注文できるため、気分転換をしながら仕事をするのに最適な場所と言えるでしょう。
    様々な目的を持った不特定多数のお客様が来られるカフェや飲食店は、秘匿性の高い資料やデータの閲覧には向いていません。web会議などといった場所としても適していないことから、くつろげる空間を求めて来られるお客様からすると、近隣の席でテレワークをしていることが不快に感じるケースもあります。
    そんな問題を解決するのがテレワークブースです。くつろぎ空間と作業スペースをエリア分けができるため、来られるすべての人に満足いただける環境を提供することができます。

  2. 空きスペースの有効活用

    テレワークブースは、カフェや飲食店内で今まで活用していなかったスペースを有効活用して、収益を作ることが可能になります。

    例えば、あえて席を設けていなかったスタッフルームの入口周辺やトイレ付近、照明が行き届かず暗いため使っていなかったスペースや空調が強すぎるスペースなどの活用です。
    そういったスペースへ、テレワークブースを設置することで今まで活用していなかったスペースを新たな収益確保ができるスペースとなります。

  3. 新たな店舗認知経路の確保

    テレワークブースは検索媒体も充実しており利用者はこの媒体から近場にある施設を確認し利用を予約します。
    そのため、テレワークブースをきっかけに来店いただけるお客様の流入を新たに獲得することができます。

    お客様は利便性が良いカフェ・飲食店と分かれば、その後のリピートにも期待できるため、お店側の副次収益に繋がるだけでなく、集客のための店舗の不可価値向上にも繋がります。

設置場所の例

カフェ/飲食店内にテレワークブースを設置する際は以下の場所を検討してみてはいかがでしょうか?

01入口付近

お客様の目につきやすい入口付近の席は敬遠されがちですが、ここにテレワークブースを設置することで、スペースを有効に使えるだけでなく「こんなサービスがある」というPRの効果も得られます。またブースの配置を工夫すれば、入口と店内を仕切るパーテーションの代わりにもできます。

02トイレや厨房の近く

ゆっくり飲食を楽しみたい人にとっては、人の往来が多いトイレや厨房・スタッフルームに近い席もあまり好まれない傾向にあります。このような場所に、周りが気にならないプライベート空間となるテレワークブースの設置は大変合理的です。

03普段から活用されていないスペース

テレワークブースは、照明が暗い、空調が届きにくいなどの理由で席を設けず、普段から使われていないスペースの有意義な活用にも適しています。あまり場所を取らずに独立した空間を提供できるのは店舗、利用者双方にとってのメリットとなります。

他の利用ケースをCHECK

コンビニ
コンビニ
365⽇24時間営業のコンビニとリモートワークを掛け合わせコンビニ利⽤の活性化を実現します。今後も増えていくテレワークブース需要、新たな収益源として貢献します。
カフェ
カフェ
いろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲⾷店でも仕事や作業をする時代へ。デザイン性の⾼いテレワークブースを設置することでお店の雰囲気を壊さずに設置可能。
駅・空港
駅・空港
テレワークブースで移動時間の有効活⽤を可能に!利便性の⾼い駅構内や空港の設置で安定して収益確保に貢献
オフィスビル
オフィスビル
テレワークブースの設置で新たな収益確保を可能に。ビルグレード向上とビルワーカーの満⾜度向上に貢献!
⼤学
⼤学
今後も変化していく授業⽅法や就職活動。新しい⽣活様式に備え設置の準備を!
カラオケ
カラオケ
駅近や繁華街などの好⽴地かつ・営業時間が⻑いカラオケ店の特徴を活かし、新たな事業としてテレワークブースを設置し安定的な収益確保を実現。
ホテルロビー
ホテルロビー
ホテルのワーキングスペースにテレワークブースを設置し、ホテル内で⼀⽇過ごすお客様増加に貢献!新しい設備を設置することでホテルグレード向上にもつながります。
ショッピングセンター・百貨店
ショッピングセンター・百貨店
外回りが多い会社員や勉強をする学⽣に対して、テレワークブースを提供することで施設の利⽤促進を後押し。幅広い年代に利⽤される施設だからこそ、安定的なテレワークブースの収益が⾒込めます!
公共施設・⾏政機関
公共施設・⾏政機関
図書館・役所・市⺠会館などの空きスペースを有効活⽤しテレワークブースを設置することで、施設⾃体の利⽤率向上につながります。
総合病院
総合病院
⼊院患者・お⾒舞いに来る⼈・業者など様々な⼈が出⼊りする病院でテレワークブースを設置し、病院の利便性を向上することができます。また、個室以外であまり病院内には無いプライベート空間を作ることができます。
マンション
マンション
マンションに設置することで、入居者から選ばれる物件に!新しい設備として導入し、 入居率アップと入居者の満足度アップにつながる可能性も! 家賃収入以外での新たな副次収益としてご活用ください。

導入のメリット

  1. 副収益を得られます

    設置した瞬間から収益を得ることができ、管理費や人件費などはかかりません!今の事業にも支障を出さずに副収益を得ることができます。

  2. 空きスペースを収益化

    広いスペースである必要はありません!オフィスなどで空いているスペースを活用かつ収益化へと変えることで一石二鳥。

  3. 場所の付加価値を高めます

    幅広いニーズに対応することができるテレワークブースの設置は場所の付加価値を高めることができます。場所によっては来場者数の増加も見込めます。

  4. 仕事以外の利用も可能

    仕事以外にも、学生の自習、楽器の練習、
    一時的な休憩場所など幅広く活用することができます。
    特に昨今増加しているライブ配信など防音設備を手軽に
    利用できることから仕事以外の利用も増えています。

商品説明

massimoのご紹介

Massimo Grande
Massimo Grande
優美なデザインで高級感を演出カスタマイズ性が高く、
内外装の色やサイズ等は柔軟に変更可能
Massimo Grande
Massimo Lite
デザイン性を抑え実用性を重視した低価格モデル
長時間の作業でも集中できるように家具を設置
Massimo Grande
Massimo Lite Double
2人用の利用を想定して設計。家具の設置が自由自在なため
幅広いご利用方法に対応可能。
Massimo Grande
Massimo Venti
国際デザイン特許を取得した、実用的かつオシャレなデザイン。
広々とした空間のまま今までよりも狭いスペースに設置可能