公共施設/行政機関での導入事例

図書館・役所・市⺠会館などの空きスペースを有効活⽤しテレワークブース
を設置することで、施設⾃体の利⽤率向上につながります。

建物名
公共施設/行政機関でのテレワークブース活用方法
  • 仕事や勉強ができる
  • 待ち時間の有効活用
  • 移動時間の削減

公共施設/行政機関でのテレワークブース需要

公共施設や行政機関は全国にあり、自治体の役所、図書館、市民センターなど、一般の利用者が多い施設もあります。
住民に開放されているスペースがある一方で、プライバシーが守られた空間を求める人のニーズに合うサービスはまだ少なく、多目的に使えるテレワークブースの導入は有効といえるでしょう。
手続や申請の待ち時間、静かな場所での仕事や読書など、施設の特性に合ったさまざまな使い道で、テレワークブースの活用が期待できます。

公共施設/行政機関での活用方法

  1. 仕事や勉強ができる

    誰でも利用が可能な公共施設には、公共施設の中にコワーキングスペースを整備する自治体も増えていますが、テレワークブースを設置することでプライバシーの確立や防音機能もあるため、ノートパソコンを持ち込んでの仕事や勉強なども快適な環境で行うことができます。
    テレワークブースの導入は利用者と運営者の双方にとって、問題をまとめて解決できる手段となります。

  2. 待ち時間の有効活用

    役所などの行政機関といえば朝から来所者が多く、混雑するイメージも持たれがちです。この時間を有効に使ってもらうための手段として、テレワークブース利用のPRを行うことが効果的です。
    待ち時間のメドがついている場合には、窓口側からテレワークブースをお勧めして案内することもできます。
    申請や手続で行政機関を訪れた人に対して、テレワークブースは待ち時間を快適に過ごすための新しいサービスとして認知されるでしょう。

  3. 移動時間の削減

    各種申請のオンライン化が進んでいる中でも、場合によっては行政機関に直接出向く必要がある用件もあります。
    会社の総務や経理担当者、社労士をはじめとした士業関連の人など、会社や事務所との往復だけでも面倒だと感じられることもあるでしょう。
    公共施設や行政機関にテレワークブースを導入すれば、短時間でも利用できる長所を生かして、メールチェックや予定の確認など、ルーティン業務をテレワークブースで済ませることができます。
    多忙な人にとっては時間を有意義に使えるサービスと認識してもらえるでしょう。

設置場所の例

公共施設/行政機関内にテレワークブースを設置する際は以下の場所を検討してみてはいかがでしょうか?

01公共施設/行政機関のエントランス、ロビー

人目につきやすいテレワークブースは利用を促進するために、なるべく目立つ場所に設置するのがおすすめです。
人の出入りが多くて集まりやすいエントランスやロビーでPRするのが有効でしょう。外見は目立っても室内は見えないプライベート空間となるため、利用する上での支障はありません。

02図書館

静かなイメージのある図書館も、曜日や時間帯によっては座席の確保すら難しい場合もあります。
勉強や仕事での利用が憚られる理由にもなっており、その代替策としてテレワークブースの設置が有効といえます。
防音の室内でWi-fi環境も整った中、勉強や仕事に集中できるスペースへの需要が大いに期待できます。
また、防音機能があるため音声を出す作業も今後は可能になります。

03ハローワーク

ハローワークにテレワークブースを設置することで、来所者がウェブ面接や集中して作業をするスペースとしての提供が可能になります。また、大きめのブースを設置することで少人数での会議室利用としても活用いただけます。自宅で集中して作業ができない人のために設置することで、彼らの職業獲得率向上にもつなげることができます。また、有料でブースを提供することで新たな収益源としての活用もしていただけます。

他の利用ケースをCHECK

コンビニ
コンビニ
365⽇24時間営業のコンビニとリモートワークを掛け合わせコンビニ利⽤の活性化を実現します。今後も増えていくテレワークブース需要、新たな収益源として貢献します。
カフェ
カフェ
いろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲⾷店でも仕事や作業をする時代へ。デザイン性の⾼いテレワークブースを設置することでお店の雰囲気を壊さずに設置可能。
駅・空港
駅・空港
テレワークブースで移動時間の有効活⽤を可能に!利便性の⾼い駅構内や空港の設置で安定して収益確保に貢献
オフィスビル
オフィスビル
テレワークブースの設置で新たな収益確保を可能に。ビルグレード向上とビルワーカーの満⾜度向上に貢献!
⼤学
⼤学
今後も変化していく授業⽅法や就職活動。新しい⽣活様式に備え設置の準備を!
カラオケ
カラオケ
駅近や繁華街などの好⽴地かつ・営業時間が⻑いカラオケ店の特徴を活かし、新たな事業としてテレワークブースを設置し安定的な収益確保を実現。
ホテルロビー
ホテルロビー
ホテルのワーキングスペースにテレワークブースを設置し、ホテル内で⼀⽇過ごすお客様増加に貢献!新しい設備を設置することでホテルグレード向上にもつながります。
ショッピングセンター・百貨店
ショッピングセンター・百貨店
外回りが多い会社員や勉強をする学⽣に対して、テレワークブースを提供することで施設の利⽤促進を後押し。幅広い年代に利⽤される施設だからこそ、安定的なテレワークブースの収益が⾒込めます!
公共施設・⾏政機関
公共施設・⾏政機関
図書館・役所・市⺠会館などの空きスペースを有効活⽤しテレワークブースを設置することで、施設⾃体の利⽤率向上につながります。
総合病院
総合病院
⼊院患者・お⾒舞いに来る⼈・業者など様々な⼈が出⼊りする病院でテレワークブースを設置し、病院の利便性を向上することができます。また、個室以外であまり病院内には無いプライベート空間を作ることができます。
マンション
マンション
マンションに設置することで、入居者から選ばれる物件に!新しい設備として導入し、 入居率アップと入居者の満足度アップにつながる可能性も! 家賃収入以外での新たな副次収益としてご活用ください。

導入のメリット

  1. 副収益を得られます

    設置した瞬間から収益を得ることができ、管理費や人件費などはかかりません!今の事業にも支障を出さずに副収益を得ることができます。

  2. 空きスペースを収益化

    広いスペースである必要はありません!オフィスなどで空いているスペースを活用かつ収益化へと変えることで一石二鳥。

  3. 場所の付加価値を高めます

    幅広いニーズに対応することができるテレワークブースの設置は場所の付加価値を高めることができます。場所によっては来場者数の増加も見込めます。

  4. 仕事以外の利用も可能

    仕事以外にも、学生の自習、楽器の練習、
    一時的な休憩場所など幅広く活用することができます。
    特に昨今増加しているライブ配信など防音設備を手軽に
    利用できることから仕事以外の利用も増えています。

商品説明

massimoのご紹介

Massimo Grande
Massimo Grande
優美なデザインで高級感を演出カスタマイズ性が高く、
内外装の色やサイズ等は柔軟に変更可能
Massimo Grande
Massimo Lite
デザイン性を抑え実用性を重視した低価格モデル
長時間の作業でも集中できるように家具を設置
Massimo Grande
Massimo Lite Double
2人用の利用を想定して設計。家具の設置が自由自在なため
幅広いご利用方法に対応可能。
Massimo Grande
Massimo Venti
国際デザイン特許を取得した、実用的かつオシャレなデザイン。
広々とした空間のまま今までよりも狭いスペースに設置可能