ホテルでの
導入事例

ホテルのワーキングスペースにテレワークブースを設置し、
ホテル内で⼀⽇過ごすお客様増加に貢献!
新しい設備を設置することでホテルグレード向上にもつながります。

建物名
ホテルでのテレワークブース活用方法
  • 出張先の作業スペースとして
  • ホテルステイ中の作業スペースとして
  • 商談スペースとして

ホテルでのテレワークブース需要

ホテル内にテレワークブースを設置することでテレワークをしに来るお客様と宿泊が目的のお客様両方のニーズに応えることができます。
また、テレワークブースをホテルの空きスペースに設置することで、双方のニーズに応えるだけではなく新たな副次収益としても活用していただけます。ビジネスホテルや駅近くのホテルでの設置は出張時にワーカーが使う確率が高いため標準設備として設置しておくことで宿泊利用の増加にもつなげることができます。

ホテルでの活用方法

  1. 出張先の作業スペースとして

    ホテルロビーにテレワークブースを設置することで、空きスペースの活用をするだけではなく、より多くのお客様に認知をしてもらうことができます。
    また、ロビーに設置することでチェックイン前のお客様の待ち時間をつぶせる場所としての利用も見込めます。
    出張で訪れたワーカーは自身の努めている会社のオフィスが近くにない限り仕事をするスペースの確保が必要になります。そのため自身の宿泊する施設にテレワークブースの設置があることでワーカーがチェックイン前に利用をすることができます。

  2. ホテルステイ中の作業スペースとして

    多くの企業でテレワークが推進される中、自宅での作業に飽きてしまう方やWi-Fi環境が整っておらず作業ができない人もいらっしゃいます。
    そこでホテルにテレワークブースを設置することで作業場所としてのご利用を増やすことができます。
    元々ホテル内にはWi-Fi環境が整っており、また飲食も提供しているのでお昼休憩や仕事後に食事をとることができます。
    そこでホテル内にテレワークブースを設置することでホテルで作業をしたい人の利用も取り込むことができます。

  3. 商談スペースとして

    ホテルを利用されるお客様の中には商談やランチミーティングなどをする方もいらっしゃいます。
    その際に複数人収容可能なテレワークブースを設置することで、個室空間の提供が可能となります。
    ホテル内に気軽に個室として利用できるテレワークブースを設置することで、商談後の会食需要や宿泊需要などにもつなげることができます。
    また、レストランの近くにテレワークブースを設置することで食事をしながらミーティングができるホテルならではの新しい設備としての提供が可能となります。

設置場所の例

ホテルロビーにテレワークブースを設置する際は以下の場所を検討してみてはいかがでしょうか?

01ホテルロビー

ホテルロビーに設置することで、多くの人の目にとまり認知度の向上につなげることができます。
また、ロビーに設置することでチェックイン前のお客様とチェックイン後のお客様双方が利用可能となります。
双方の利用が可能になることでより利用率が見込め収益アップが見込めます。
また、ホテルに宿泊しないお客様でも利用を可能にすることで外部からのテレワークブース利用客の需要にも応えることができます。さらにホテルに宿泊の予定がないお客様でもテレワークブースのご利用をきっかけにホテルを認知してもらうことができます。

02テレワークスペース内での設置

ホテルによっては施設の一部としてワークスペースを完備しているところも。
ウェブミーティングなどの声を発しないといけない際は静かなワークスペース内で行うと周りで集中している他のお客様の作業の妨げになってしまうこともあります。そこでテレワークブースをワークスペース内に設置することでエリアのすみわけが可能となります。テレワークブースの設置はホテルのワークスペース利用率向上に効果的です。

03従業員用に設置

お客様の利用だけではなく、ホテルで働く従業員の福利厚生として設置することもできます。
外部とのミーティングの際や個室としての利用もできるためプライベート空間を従業員のために確保することができます。
また、少し大きめのテレワークブースを設置することで、会議室としての利用も可能になります。
費用面でも新たに個室を増築することを考えると、テレワークブースの方が気軽にかつお手頃に設置することができます。

他の利用ケースをCHECK

コンビニ
コンビニ
365⽇24時間営業のコンビニとリモートワークを掛け合わせコンビニ利⽤の活性化を実現します。今後も増えていくテレワークブース需要、新たな収益源として貢献します。
カフェ
カフェ
いろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲⾷店でも仕事や作業をする時代へ。デザイン性の⾼いテレワークブースを設置することでお店の雰囲気を壊さずに設置可能。
駅・空港
駅・空港
テレワークブースで移動時間の有効活⽤を可能に!利便性の⾼い駅構内や空港の設置で安定して収益確保に貢献
オフィスビル
オフィスビル
テレワークブースの設置で新たな収益確保を可能に。ビルグレード向上とビルワーカーの満⾜度向上に貢献!
⼤学
⼤学
今後も変化していく授業⽅法や就職活動。新しい⽣活様式に備え設置の準備を!
カラオケ
カラオケ
駅近や繁華街などの好⽴地かつ・営業時間が⻑いカラオケ店の特徴を活かし、新たな事業としてテレワークブースを設置し安定的な収益確保を実現。
ホテルロビー
ホテルロビー
ホテルのワーキングスペースにテレワークブースを設置し、ホテル内で⼀⽇過ごすお客様増加に貢献!新しい設備を設置することでホテルグレード向上にもつながります。
ショッピングセンター・百貨店
ショッピングセンター・百貨店
外回りが多い会社員や勉強をする学⽣に対して、テレワークブースを提供することで施設の利⽤促進を後押し。幅広い年代に利⽤される施設だからこそ、安定的なテレワークブースの収益が⾒込めます!
公共施設・⾏政機関
公共施設・⾏政機関
図書館・役所・市⺠会館などの空きスペースを有効活⽤しテレワークブースを設置することで、施設⾃体の利⽤率向上につながります。
総合病院
総合病院
⼊院患者・お⾒舞いに来る⼈・業者など様々な⼈が出⼊りする病院でテレワークブースを設置し、病院の利便性を向上することができます。また、個室以外であまり病院内には無いプライベート空間を作ることができます。
マンション
マンション
マンションに設置することで、入居者から選ばれる物件に!新しい設備として導入し、 入居率アップと入居者の満足度アップにつながる可能性も! 家賃収入以外での新たな副次収益としてご活用ください。

導入のメリット

  1. 副収益を得られます

    設置した瞬間から収益を得ることができ、管理費や人件費などはかかりません!今の事業にも支障を出さずに副収益を得ることができます。

  2. 空きスペースを収益化

    広いスペースである必要はありません!オフィスなどで空いているスペースを活用かつ収益化へと変えることで一石二鳥。

  3. 場所の付加価値を高めます

    幅広いニーズに対応することができるテレワークブースの設置は場所の付加価値を高めることができます。場所によっては来場者数の増加も見込めます。

  4. 仕事以外の利用も可能

    仕事以外にも、学生の自習、楽器の練習、
    一時的な休憩場所など幅広く活用することができます。
    特に昨今増加しているライブ配信など防音設備を手軽に
    利用できることから仕事以外の利用も増えています。

商品説明

massimoのご紹介

Massimo Grande
Massimo Grande
優美なデザインで高級感を演出カスタマイズ性が高く、
内外装の色やサイズ等は柔軟に変更可能
Massimo Grande
Massimo Lite
デザイン性を抑え実用性を重視した低価格モデル
長時間の作業でも集中できるように家具を設置
Massimo Grande
Massimo Lite Double
2人用の利用を想定して設計。家具の設置が自由自在なため
幅広いご利用方法に対応可能。
Massimo Grande
Massimo Venti
国際デザイン特許を取得した、実用的かつオシャレなデザイン。
広々とした空間のまま今までよりも狭いスペースに設置可能