オフィスビルエントランスでの
導入事例

テレワークブースの設置で新たな収益確保を可能に。
ビルグレード向上とビルワーカーの満⾜度向上に貢献!

オフィスビルエントランスでのテレワークブース活用方法
オフィスビルエントランスでのテレワークブース活用方法
  • 会議室代わりに使用する
  • ビルに訪問するワーカー向けに設置
  • 一人の時間がほしい時

オフィスビルエントランスでのテレワークブース需要

テレワークブースをオフィスビルに導入することで、新しい副次収益の確保が可能になります。
オフィスビルでは、毎日出社するワーカー、商談などで訪れる外部からのワーカーの二通りの利用者の需要を取り込むことができます。また、新たな設備として提供することでビルグレード向上にもつなげることができます。
多くのワーカーが集まるオフィスビルでテレワークブースを設置することで、
ワーカーの様々な需要に応えることができビルの利用満足度向上が見込めます。

オフィスビルエントランスでの活用方法

  1. 会議室代わりに使用する

    日経・外資系に関わらず多くの企業でテレワークを今後も継続していくと答えた企業が約8割という結果になりました。
    そのため、テレワークの影響によりウェブでの会議も多く行われるようになりました。
    ウェブ会議が多くの企業で主流になったことで、会議室の利用が増えウェブ会議をする場所としてテレワークブースのご活用をおすすめします。
    1人用から2人用のブースをいくつか設置することで会議室代わりとしての利用ができ、周りを気にせず集中して会議をすることができます。

  2. ビルに訪問するワーカー向けに設置

    オフィスビルへ訪問するワーカー向けに設置をすることで、外部からの需要にも応えることができます。
    エントランスなどの誰でも入れる場所に設置することで、訪問前に仕事をする場所としてや、次のアポまで空いた時間を有効活用する場所として提供することができます。
    駅の近くや人の行き来があるオフィス街などでは多くのワーカーが働いているためその分利用ケースも増加することが予想されます。
    誰でも使用可能にすることでより安定的な収益確保にもつながります。

  3. 一人の時間がほしいとき

    テレワークブースという名前のため、仕事をするブースというイメージを持たれることが多くあります。
    しかし、テレワークブースは仕事以外の利用にも最適な設備となっております。
    例えば、自分1人の時間を確保するためや休憩スペースとしてもご活用いただけます。
    カフェやオフィス内の休憩スペースが混雑している際や人に聞かれたくない電話なども防音の設備が整っているテレワークブースでは人目を気にせず会話をすることができます。
    また、わざわざ職場から近くのカフェへ移動する手間も省け全てオフィスビル内で解決することができます。

設置場所の例

オフィスビルエントランス内にテレワークブースを設置する際は以下の場所を検討してみてはいかがでしょうか?

01オフィスビルエントランス

入り口の近くにテレワークブースを設置することでより多くのオフィスビル来訪者やワーカーに認知してもらうことができます。
広告や案内板などに力を入れることなく自然と利用者を獲得することができます。エントランスに設置することで、オフィスビルに来訪した人でも利用しやすく、リピート利用にもつなげることができます。また、人の出入りが多いため防犯対策としてもオフィスエントランスへの設置は有効的です。

02オフィスビル共有スペース

オフィスビルで働くワーカーのみ利用可能な共同スペースへ設置をすることで、様々な需要に応えることができます。
自身のオフィス内の会議室が埋まってしまっているときや一人で集中して仕事をしたいときなどに設置してあることで多くのワーカーに利用していただくことができます。
また、静かな共同スペース内に防音のテレワークブースを設置することでウェブ会議やロープレなど声を発する仕事も他の利用者に迷惑をかけることなく行うことができます。

他の利用ケースをCHECK

コンビニ
コンビニ
365⽇24時間営業のコンビニとリモートワークを掛け合わせコンビニ利⽤の活性化を実現します。今後も増えていくテレワークブース需要、新たな収益源として貢献します。
カフェ
カフェ
いろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲⾷店でも仕事や作業をする時代へ。デザイン性の⾼いテレワークブースを設置することでお店の雰囲気を壊さずに設置可能。
駅・空港
駅・空港
テレワークブースで移動時間の有効活⽤を可能に!利便性の⾼い駅構内や空港の設置で安定して収益確保に貢献
オフィスビル
オフィスビル
テレワークブースの設置で新たな収益確保を可能に。ビルグレード向上とビルワーカーの満⾜度向上に貢献!
⼤学
⼤学
今後も変化していく授業⽅法や就職活動。新しい⽣活様式に備え設置の準備を!
カラオケ
カラオケ
駅近や繁華街などの好⽴地かつ・営業時間が⻑いカラオケ店の特徴を活かし、新たな事業としてテレワークブースを設置し安定的な収益確保を実現。
ホテルロビー
ホテルロビー
ホテルのワーキングスペースにテレワークブースを設置し、ホテル内で⼀⽇過ごすお客様増加に貢献!新しい設備を設置することでホテルグレード向上にもつながります。
ショッピングセンター・百貨店
ショッピングセンター・百貨店
外回りが多い会社員や勉強をする学⽣に対して、テレワークブースを提供することで施設の利⽤促進を後押し。幅広い年代に利⽤される施設だからこそ、安定的なテレワークブースの収益が⾒込めます!
公共施設・⾏政機関
公共施設・⾏政機関
図書館・役所・市⺠会館などの空きスペースを有効活⽤しテレワークブースを設置することで、施設⾃体の利⽤率向上につながります。
総合病院
総合病院
⼊院患者・お⾒舞いに来る⼈・業者など様々な⼈が出⼊りする病院でテレワークブースを設置し、病院の利便性を向上することができます。また、個室以外であまり病院内には無いプライベート空間を作ることができます。
マンション
マンション
マンションに設置することで、入居者から選ばれる物件に!新しい設備として導入し、 入居率アップと入居者の満足度アップにつながる可能性も! 家賃収入以外での新たな副次収益としてご活用ください。

導入のメリット

  1. 副収益を得られます

    設置した瞬間から収益を得ることができ、管理費や人件費などはかかりません!今の事業にも支障を出さずに副収益を得ることができます。

  2. 空きスペースを収益化

    広いスペースである必要はありません!オフィスなどで空いているスペースを活用かつ収益化へと変えることで一石二鳥。

  3. 場所の付加価値を高めます

    幅広いニーズに対応することができるテレワークブースの設置は場所の付加価値を高めることができます。場所によっては来場者数の増加も見込めます。

  4. 仕事以外の利用も可能

    仕事以外にも、学生の自習、楽器の練習、
    一時的な休憩場所など幅広く活用することができます。
    特に昨今増加しているライブ配信など防音設備を手軽に
    利用できることから仕事以外の利用も増えています。

商品説明

massimoのご紹介

Massimo Grande
Massimo Grande
優美なデザインで高級感を演出カスタマイズ性が高く、
内外装の色やサイズ等は柔軟に変更可能
Massimo Grande
Massimo Lite
デザイン性を抑え実用性を重視した低価格モデル
長時間の作業でも集中できるように家具を設置
Massimo Grande
Massimo Lite Double
2人用の利用を想定して設計。家具の設置が自由自在なため
幅広いご利用方法に対応可能。
Massimo Grande
Massimo Venti
国際デザイン特許を取得した、実用的かつオシャレなデザイン。
広々とした空間のまま今までよりも狭いスペースに設置可能