ショッピングセンター/
百貨店での導入事例

外回りが多い会社員や勉強をする学⽣に対して、
テレワークブースを提供することで施設の利⽤促進を後押し。
幅広い年代に利⽤される施設だからこそ、安定的なテレワークブースの収益が⾒込めます!

ショッピングセンター/百貨店でのテレワークブース活用方法
ショッピングセンター/百貨店での
テレワークブース活用方法
  • 「プチ・ワーケーション」の提案
  • 自分専用の休憩所
  • にぎわう場所に「静かな空間」を

ショッピングセンター/百貨店でのテレワーク需要

ショッピングセンターや百貨店では、テナントの多様化によって映画館やスポーツクラブ、歯科医院など、買い物以外の施設も多くなりました。見方を変えれば「時代に合った目新しいサービス」が認識されやすい環境にもなっているため、テレワークブースの導入は好機といえるでしょう。
大勢の人が集まる場所にプライベートの個室空間を提供できるテレワークブースは、仕事や休憩など、さまざまな用途で利用される期待が持てます。空きスペースにテレワークブースを設置することで、新たな収益源を確保することができ、施設全体の売り上げ向上に貢献いたします。

ショッピングセンター/百貨店での活用方法

  1. 「プチ・ワーケーション」の提案

    テレワークブースをPRする上での利用モデルとして、1日の中で「仕事時間」と「買い物や食事などの娯楽時間」を同じ場所で過ごせる、日帰りの「プチ・ワーケーション」を提案することができます。
    また仕事だけでなく、休暇中の学生にとっても、ショッピングセンターや百貨店のテレワークブースで勉強した後、そのままショッピングや映画などを楽しめる合理的な過ごし方が可能となり、1日の有意義な時間の使い方にもつながります。

  2. 自分専用の休憩所

    ショッピングセンターや百貨店は、家族や夫婦などでの来店も多い場所ですが、これによってショッピング中の家族を待つために、休憩スペースで時間を持て余す光景も見られることになります。休日で混み合っている時には、施設の中でゆっくり座れる場所を探すのもひと苦労です。
    そんな時にテレワークブースが設置されていれば、他の客との共有ではなく、自分だけの休憩スペースを持ちたいという人にとってのニーズを満たす、有益なサービス提供につながります。「家族の買い物が長くなりそうで、いつ終わるか分からない」「混んでいるので、座っていても窮屈で落ち着かない」といった不満の解消にも応えられるスペースとなるでしょう。

  3. にぎわう場所に「静かな空間」を

    ショッピングセンターや百貨店のフロア内には、ショッピングの合間に一息つけるカフェやフードコートがあります。
    しかし休日となれば混雑したり、家族連れなどで騒がしくなったりすることもあります。
    たとえば書籍売場で買ったばかりの本や雑誌をゆっくり読みたい時などには、周りの雑音から解放されるテレワークブースは高い利便性をもたらしてくれます。
    またスペースを広げたブースがあれば、お母さんと子供のちょっとした休憩スペースなどにもご活用いただけます。
    にぎやかなイメージが持たれている施設に、誰にも邪魔されない静かな個室空間を提供できる価値は大きくテレワークブースを新規導入する際のメリットとなります。

設置場所の例

ショッピングセンター/百貨店内にテレワークブースを設置する際は以下の場所を検討してみてはいかがでしょうか?

01出入口付近

テレワークブースを認知してもらうためには、多くの人の目につきやすい場所に設置するのが効果的です。
出入口はすべての来店客が必ず通る場所であるため、新規サービスとしてのPR効果も高いと考えて良いでしょう。
ショッピングセンターや百貨店には複数の出入口がありますが、それぞれの場所に分散させて置いてみるのもいいかもしれません。

02トイレの近く

出入口と同様にトイレも多くの人の往来がある場所なので、テレワークブースがあることを気づいてもらいやすくなります。
テレワークブースは周りから見えない、聞こえない環境となるのが特徴であり、トイレの近くにあっても利用に対する抵抗は少ないと考えられます。

03休憩スペースの近く

テレワークブースは「有料で使える特別な休憩スペース」という言い換えもできます。
万が一、公共の休憩スペースが混んでいた時や、「あっちを使ってみようか」と思ってもらえる場所への設置は非常に効果的でしょう。

他の利用ケースをCHECK

コンビニ
コンビニ
365⽇24時間営業のコンビニとリモートワークを掛け合わせコンビニ利⽤の活性化を実現します。今後も増えていくテレワークブース需要、新たな収益源として貢献します。
カフェ
カフェ
いろんな場所で仕事ができる時代の中、カフェや飲⾷店でも仕事や作業をする時代へ。デザイン性の⾼いテレワークブースを設置することでお店の雰囲気を壊さずに設置可能。
駅・空港
駅・空港
テレワークブースで移動時間の有効活⽤を可能に!利便性の⾼い駅構内や空港の設置で安定して収益確保に貢献
オフィスビル
オフィスビル
テレワークブースの設置で新たな収益確保を可能に。ビルグレード向上とビルワーカーの満⾜度向上に貢献!
⼤学
⼤学
今後も変化していく授業⽅法や就職活動。新しい⽣活様式に備え設置の準備を!
カラオケ
カラオケ
駅近や繁華街などの好⽴地かつ・営業時間が⻑いカラオケ店の特徴を活かし、新たな事業としてテレワークブースを設置し安定的な収益確保を実現。
ホテルロビー
ホテルロビー
ホテルのワーキングスペースにテレワークブースを設置し、ホテル内で⼀⽇過ごすお客様増加に貢献!新しい設備を設置することでホテルグレード向上にもつながります。
ショッピングセンター・百貨店
ショッピングセンター・百貨店
外回りが多い会社員や勉強をする学⽣に対して、テレワークブースを提供することで施設の利⽤促進を後押し。幅広い年代に利⽤される施設だからこそ、安定的なテレワークブースの収益が⾒込めます!
公共施設・⾏政機関
公共施設・⾏政機関
図書館・役所・市⺠会館などの空きスペースを有効活⽤しテレワークブースを設置することで、施設⾃体の利⽤率向上につながります。
総合病院
総合病院
⼊院患者・お⾒舞いに来る⼈・業者など様々な⼈が出⼊りする病院でテレワークブースを設置し、病院の利便性を向上することができます。また、個室以外であまり病院内には無いプライベート空間を作ることができます。
マンション
マンション
マンションに設置することで、入居者から選ばれる物件に!新しい設備として導入し、 入居率アップと入居者の満足度アップにつながる可能性も! 家賃収入以外での新たな副次収益としてご活用ください。

導入のメリット

  1. 副収益を得られます

    設置した瞬間から収益を得ることができ、管理費や人件費などはかかりません!今の事業にも支障を出さずに副収益を得ることができます。

  2. 空きスペースを収益化

    広いスペースである必要はありません!オフィスなどで空いているスペースを活用かつ収益化へと変えることで一石二鳥。

  3. 場所の付加価値を高めます

    幅広いニーズに対応することができるテレワークブースの設置は場所の付加価値を高めることができます。場所によっては来場者数の増加も見込めます。

  4. 仕事以外の利用も可能

    仕事以外にも、学生の自習、楽器の練習、
    一時的な休憩場所など幅広く活用することができます。
    特に昨今増加しているライブ配信など防音設備を手軽に
    利用できることから仕事以外の利用も増えています。

商品説明

massimoのご紹介

Massimo Grande
Massimo Grande
優美なデザインで高級感を演出カスタマイズ性が高く、
内外装の色やサイズ等は柔軟に変更可能
Massimo Grande
Massimo Lite
デザイン性を抑え実用性を重視した低価格モデル
長時間の作業でも集中できるように家具を設置
Massimo Grande
Massimo Lite Double
2人用の利用を想定して設計。家具の設置が自由自在なため
幅広いご利用方法に対応可能。
Massimo Grande
Massimo Venti
国際デザイン特許を取得した、実用的かつオシャレなデザイン。
広々とした空間のまま今までよりも狭いスペースに設置可能